top of page

BIOGRAPHY

ソラナ ヒトミ/
Hitomi Solana
/
Vocalist / Songwriter /  lyricist / Multi-instrumentalist

幼少期の7年間をマレーシアのクアラルンプールで過ごし、

声楽家の母の影響で幼い頃よりフルート/打楽器を中心に様々な楽器にふれ、

多種多様なリズム、メロディのあふれる環境で育つ。

 

社会人になったある日、Gospelと出逢い、歌うことに目覚める。

 

ソングライターとして「時代をこえて誰かのおまもりになるような一曲を」をLife workとし 

大人から子供にも伝わるシンプルな言葉と、

Soul/R&B/Jazz/BluesなどのRoots musicやDisco/Acid jazz/HouseなどのDance musicの影響を受けたライティングセンスで

アートシーン、カルチャーシーン、エンターテイメントシーン、ファッションシーン、その活躍の場は多岐に渡る。

 

楽曲の世界観を描くように、

繊細かつ大胆、生命力溢れるvocal styleで

日常に潜む''愛''を歌っている。

 

前プロジェクト、”西島瞳”の頃より、創作の種となる日々の暮らしを大切にしながら

地元大阪、名古屋、広島、東京での活動を経て、現在は家族が暮らす関西にベースを置いている。

自身の活動と共に、

様々なアーティストのテレビ収録やツアーサポート、レコーディングに参加する傍ら、

音楽事務所や専門学校にて後進育成にもその力を注いでいる。

多面的な才のある存在として、業界内で認知されている。

▼ツアー、レコーディング、テレビ収録等でサポートしたアーティスト

 

前川清、松平健(マツケンサンバ2)、長渕剛、橋本環奈(セーラー服と機関銃/悪魔なカンナ)、

コブクロ(2025年大阪・関西万博テーマソング)、橘慶太(w-inds)、

SiM (進撃の巨人オープニング曲:米クランチロール・アニメアワード2023「Best Anime Song」部門/最優秀賞)...etc

▼リリース作品について

2022年9月リリースの3rdシングル「予感。」は、テレビ朝日「イベ検」のオープニング曲としてタイアップが決定した。Spotify公式プレイリスト“Soul Music Japan”への選出や、AppleMusic“最新ソング:R&B”へ選出された。アレンジャーはTAKU (韻シスト)。

2023年4月にリリースした「KISEKI」は、友人の結婚を通してインスピレーションを得たウェディング・ソングで、Spotify人気プレイリスト「Oh Happy Day! ~ウェディング・ソング~」へピックアップされるなど、注目を集めた。アレンジャーは大楠雄蔵。

2023年10月にはニューシングル「Blue butterfly」をリリースし、AppleMusic内ラジオ番組「Tokyo Highway Radio」や、Spotify内プレイリスト「TOKYO GROOVE selected by DJ HASEBE」、「New Music Wednesday」など各種プレイリストに取り上げられ、カルチャーwebマガジンCINRAの「exPoP!!!PUSH」で取り上げられるなど、更なる飛躍を魅せる。アレンジャーはTAKU (韻シスト)。

2023年12月には再びTAKU(韻シスト)とタッグを組み、コライト制作を行ったブルージーなクリスマスソング「さよならメリークリスマス」をリリース。Spotify公式プレイリスト「Women's Voice」「クリスマスソングを何か」「Monday Spin」各種プレイリストへピックアップされ、Spotify内過去最多再生数を記録した。

コライト/トップライナーとしても今後の動向に注目が集まっている。

bottom of page